歯のホームホワイトニング(自宅)とは?具体的な方法、効果、違いなど解説

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング、つまり自宅で歯のホワイトニングを行うやり方は色々ありますので詳しく紹介していきます。

最も効果が高いのは自分専用のマウスピース+ホワイトニングジェルを塗る+LEDライト照射の化学反応で歯を「漂白」してしまうやり方。

そしてホワイトニングテープを歯に貼ったり、ホワイトニング歯磨き粉やホワイトニングパウダーで歯の汚れ・ステインを洗浄したり、ホワイトニングペンで歯を白くしたりと、様々なやり方があります。

それぞれのホワイトニングが互いにどう違うのか?メリットとデメリットは?価格は?オフィスホワイトニングとどう違うのか?

そう言った点について、一つずつ解説していきますね。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニング用マウスピース

ホームホワイトニングとは自分専用のマウスピース+ホワイトニングジェルを塗り、歯を「漂白」してしまうホワイトニング方法です。

恐らくですが、あらゆるホワイトニング手法で最も白くなりやすいものです。
白さで言うと、オフィスホワイトニングと同じか、継続していけばそれ以上のレベルに行けます。

オフィスホワイトニングはすぐ白くなるけど後戻りしやすいため、
施術後のケア(自宅用のホワイトニング製品で白さをキープする)の必要があります。

ホームホワイトニングキットであれば、オフィスホワイトニングに行かなくても強力な白さと、自分の裁量で白さのキープが可能です。サボらなければ。

※補足…オフィスホワイトニングって?

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科や審美歯科などホワイトニング施術を歯科医師の元で行ってくれると言うもの。

ホームホワイトニングと手順や使用する薬剤などはほとんど同じですが、医師の人件費が含まれるため、ホームホワイトニングと比べて割高になります。

逆に言えば、歯科医師がいる方が安心な人はオフィスホワイトニングに行くと良いでしょう。

ホームホワイトニングの薬剤(ホワイトニングジェル)は基本的に安全

ホワイトニングジェルは、FDA (米国食品医薬品局)で厳しい基準をクリアしたもののみが市場に出回っているため、Amazonなどに売っているものや、歯科で購入できるものはほとんどが安全であると言えます。(一応ご自身でも確認して下さい)

一般的なホームホワイトニングの流れ

  1. ホームホワイトニング対応の歯科へ行く
  2. 歯の状態(知覚過敏等)を診断して貰う
  3. 健康上の問題が無ければマウスピースの方取りをする
  4. 詰め物が古い、劣化している場合は部分的に治療の場合も
  5. また必要なら歯のクリーニング(PMTC)も実施
  6. マウスピースが完成したら歯科で受け取り
  7. 自宅でマウスピースにホワイトニング用ジェルを指定の量入れる
  8. 歯を磨いて汚れを落とす
  9. 歯にマウスピースをはめる
  10. 指定の時間経過後マウスピースを外す
  11. 歯に残った薬剤は歯ブラシで取り除き、うがいをして終了

知覚過敏の人がホームホワイトニングをする場合

知覚過敏

薬剤に関しては、1番最初のホームホワイトニングでは、歯科から購入するのが確実です。
と言うのも、人の歯に合わせて薬剤の理想的な濃度が違う事もあるから。

一番気を付けたいのは知覚過敏の人。沁みやすい人ですね。

知覚過敏なら漂白剤である過酸化水素や過酸化尿素の濃度を10%程度まで下げたものが良いです。と言うかどんな人であれ一度知覚過敏用の濃度で試してみた方がいいです。
そうでないなら、20%~30%程度のものを試しても良いでしょう。

知覚過敏の人向けには過酸化水素の様な強い漂白成分を10%程度に薄めて、代わりに硝酸カリウムとフッ化ナトリウムなどを混ぜてあるものもあります。
もちろん漂白効果も弱まるので、1度で白く出来るレベルは下がります。

ホワイトニングジェルの過酸化水素濃度が10%程度と低い場合は寝ながらマウスピースを付ける事も可能。

濃度20%~30%程度になると、1時間のマウスピース装着ののち外すと言う事になります。

ホームホワイトニングの頻度は数か月おきから

ホームホワイトニングのスケジュール

ホームホワイトニングは基本的には1度やったら、数か月間は歯の白さが持続します。
コーヒーや赤ワインを飲まない人や元々歯が白い人、ケアを丁寧に毎日やる人などは数年間白さが持続する事もあります。

かのうであればホワイトニング用の歯磨き粉を使ったり、数か月に一度ホームホワイトニングを行うなどできれば理想ですね。

ホームホワイトニングの注意点

  • 無カタラーゼ症(高原氏病)の人はホームホワイトニングを避ける
  • 妊娠中、出産直後の人もホームホワイトニングを避ける
  • 矯正中の方、むし歯、歯周病がある方もホームホワイトニングを避ける
  • ホームホワイトニング直後は喫煙しない
  • またコーヒーや赤ワイン、紅茶、カレー、チョコレート、コーラなどをなるべく控える

一番コスパが良い「オリジナル」ホームホワイトニング

歯のホワイトニング

また、最強のホームホワイトニングは「歯医者でマウスピース作成だけして貰い、海外から強力な薬剤のホワイトニングジェルを個人輸入して、自前で行う」と言うもの。

個人輸入と言ってもAmazonなどで海外製品を購入したり、海外旅行の際に買ってくると言うやり方でOKです。マウスピース代と併せても、強めのホワイトニングが1万円以下程度でできます。もちろん米国FDA認可製品しか市場には出回らないため安全性は基本高いはずですが、自己責任です。

歯のホワイトニングを突き詰めた人なんかはみんなこのやりかた。
通常、マウスピースだけの作成だと対応してない歯科もあるので注意。

また薬剤の量や時間を間違えると歯、そして歯ぐきにかなり強めにしみるので気を付けて下さい。また色ムラになる可能性もあります。適量だとなりません。

ホワイトニングってどうやるの?