ホワイトニングせず歯を白くする方法あれこれ

歯が黄色い、ステインが目立つ…
元々の歯の色が黄色い…
ホワイトニングはお金がかかるししみるし面倒だし何となく怖い…

と言う人に向けた、「ホワイトニング歯を白くする方法」をまとめました。

いわゆるホワイトニングと言うのは、過酸化水素などの漂白剤、洗浄剤などの化学物質を利用して、歯を白くしていくものです。
その過程で薬物が歯にしみたりもしますし、長期的な継続が必要で、お金もそこそこ必要です。

そう言ったやり方をせずに、自然と歯を白くする方法だってあるのです。
それをまとめて見ます。

歯が黄色く見える原因とは

歯が鈍くなり、明るく白い輝きを失う要因は複数あります。

まず食品。
コーヒー、ワイン、チョコレート、カレーと言った特定の食品は、歯の最外層であるエナメル質を汚すことがあります。さらに、歯にプラークが堆積すると黄色に見えることがあります。

このタイプの変色は、通常、定期的な洗浄とホワイトニングで治療することができます。

次に、「歯の削り過ぎ」。
硬いエナメル質が腐って歯の下に象牙質が現れるため、歯が黄色に見えることがあります。象牙質は、エナメル質の真下にある黄色の骨組織です。
これが見えて来ている状態では、歯が黄色く見えてしまいがちです。

なおいわゆるホワイトニングとは、この象牙質を漂白剤で白くすると言うもの。
必ずしもこのホワイトニングをしなくても、ある程度自然な歯の白さを実現することはできます。

重曹で歯を磨いて白くする

まずは手に入りやすい重曹から。
重曹で歯を磨くと白くなる可能性があると言われています。

重曹は汚れを落とすと同時に、自然に美白にさせる作用がある…というのはよく知られているかと思います。
重曹は一部歯磨き粉にも使用されていて、歯の表面の汚れを落とせる研磨剤です。

さらに、重曹は口中にアルカリ性の環境を作り、細菌の増殖を防ぎます。

歯を一瞬で白くできる訳ではないものの、時間の経過とともに歯が白くなってくる事が分かるはず。

重曹が歯を白くすることは証明されていないものの、重曹の練り歯磨きが著しい美白効果を有することを示す研究がいくつかあるほどです。

ある研究は、重曹を含む練り歯磨きは、重曹を使用しない標準的な歯磨きよりも歯から黄色の汚れを取り除くのにかなり効果的であることを発見しました。
重曹の濃度が高いほど、効果は大きいとの事。

さらに、5つの研究によると、重曹を含む練り歯磨きは、非重曹練り歯磨きより歯からプラークをより効果的に除去する、との事です。

具体的な方法としては、1杯の重曹を2杯分の水と混ぜ、歯磨き粉で歯磨きします。これは週に数回までにして下さい。

なぜ数回かと言うと、重曹は研磨剤の効果があるため、毎日行うと歯の表面を傷つける可能性もあるからです。

オイルのうがいで歯を白くする

これは「オイルプリング」等と言われる、オイルを20分間口に含んで歯の汚れを落とし、口内環境を整えると言う伝統的なインドの民間療法。

「歯が白くなる」とも言われていますが、科学的に実証されたものではありませんが、
歯が白くなったと主張する人が多い方法でもあります。

いくつかの研究では、オイルが歯垢および歯肉炎と共に、口の中の細菌を減少させることが示されています。

残念ながら、オイルは「歯の漂白効果」については科学的に照明されていません。

一方である研究によると、ゴマ油を用いた毎日のスウィングが、わずか1週間で唾液中のストレプトコッカス・ミュータンスを減少させることが分かったそうです。

さて、インドでは伝統的にヒマワリまたはゴマ油を使用するのですが、その他のオイルも良いとの事。

例えばココナッツオイルは健康上のメリットが多く、人気のあるオイルです。

またヤシ油は口内の炎症を抑え、細菌殺傷するその能力について知られているラウリン酸を多く含みます。

ココナッツオイルを大さじ1口当たりに口に入れて、15〜20分ほど口に含み続けます

他の多くの歯のホワイトニング方法とは異なり、ココナツオイルを口に含んでもエナメルを侵食する酸やその他の成分に歯がさらされることはありません。
ですので下記で紹介する他の方法の様に回数制限も特にありません。
毎日継続する事で、歯垢を減らすことができ、歯を明るくすることができます。

リンゴ酢(アップルサイダービネガー)のうがいで歯を白くする

リンゴ酢(アップルサイダービネガー)は、何世紀にもわたって消毒剤や自然洗浄剤として使用されてきました。

リンゴ酢(アップルサイダービネガー)の主要な有効成分である酢酸は効果的に細菌を殺します。
酢の抗菌性によって口内が綺麗に保たれます。

牛の歯で行われたある研究では、リンゴのサイダー酢は歯に漂白効果があることがわかりました。
しかし同時に酢が歯を軟化させる可能性もありそうとの事。

と言うのも酢酸が歯のエナメル質を侵食する可能性があるからです。
このため、毎日リンゴ酢を使用しない様にしましょう。
また、リンゴ酢が歯に接触する時間を制限する必要があります。

うがい薬として使用するには、水で希釈し、数分間口の中で拭いてください
うがい後は、1度水ですすぎましょう。

いちご+重曹で歯を白くする

これは試す人が意外といるそうなのですが、ストロベリーと重曹を混ぜたもので歯磨きする事で、歯を白くできると一部で言われています。

リンゴ酸がイチゴに含まれており、歯の変色を取り除くとの事。
重曹は研磨剤として汚れを落とす役割があります。

と言っておいて難ですが、この方法は科学的に立証されたものではありません。
別の言い方をすると、効果がある可能性もあるのですが、効果があるか無いかが科学的には分からないと言う状態です。

最近の研究では、海外の過酸化水素入りホワイトニング歯磨き粉などと比較すると、イチゴと重曹の混合物が歯の色の変化をほとんど生じないことが分かっています。

この方法を試してみる場合は、週に数回使用するように制限してください。

イチゴと重曹を使った歯磨きは、歯のエナメル質にほとんど影響しないと言う研究があるにもかかわらず、過度の使用は、損傷を起こす可能性があります。

パイナップルで歯を白くする

パイナップルは歯を白くすることができると主張する人もいます。

ある研究では、パイナップルに見られる酵素であるブロメラインを含む練り歯磨きが、
標準的な練り歯磨きよりも歯の汚れを取り除く効果が有意に高いことが分かっています。

イチゴよりはパイナップルで歯を磨く方が、ホワイトニング効果としては信憑性があると言う事になります。

過酸化水素で歯を白くする

冒頭で言ってた事に反するようですが、過酸化水素(歯の漂白作用がある薬剤)を使用した製品で歯を白くする事でより確実な美白が可能になります。

過酸化水素は天然の漂白剤で、口中の細菌も殺します。

歯以外では、実は過酸化水素って殺菌作用があるのです。
なので過酸化水素を使用して傷口を消毒すると言う事もあります。

さて日本のホワイトニング用歯磨き粉には法律上、過酸化水素を配合出来ないのですが、
海外のホワイトニング製品には過酸化水素が含まれています。
(オフィスホワイトニングなど医療行為としてであれば過酸化水素を上限30%程度の濃度で使用する事は可能です)

ある研究では、重曹と1%過酸化水素を含む練り歯磨きが著しく白い歯につながったことが分かっています。

別の研究では、1日2回のベーキングソーダと過酸化物を含む市販の練り歯磨きを用いたブラッシングが、6週間で62%の白い歯をもたらしたことが分かりました。

つまり過酸化水素であればほぼ確実に歯を白くする事が可能と言う事になります。

過酸化水素の安全性には疑問も

過酸化水素の安全性に関するいくつかの疑問があります。

薄く希釈した場合は安全ですが、濃い濃度または過度の使用は、歯肉の刺激および歯の知覚過敏性を引き起こす可能性があります。

特に歯の表面が傷ついている場合や、目に見えない小さいヒビなどが歯にある場合などは過酸化水素が象牙質に浸透した時点で、「しみる」事になります。

これは主に施術後1時間程度と言われています。

なお1つの説として過酸化水素の高用量が癌を引き起こす可能性も懸念されていますが、今のところ実証はされていません。

過酸化水素で歯を白くする具体的な方法

まず歯を磨く前にうがい薬としての使用が挙げられます。
念のため副作用を避けるために、過酸化水素1.5%~3%の濃度のものを使用してください。

薬局での過酸化水素の最も一般的な濃度は3%程度です。
同濃度の過酸化物と水を混合することで、この濃度を1.5%に簡単に希釈することができます。
念のため歯科医師等の専門家に事前に相談する事を推奨します。

もう一つの方法は、重曹と過酸化水素を自分で混合して練り歯磨きを作ること。
過酸化水素2杯を重曹1杯と混ぜ、歯を混合物でやさしく磨きます
これも責任は取れませんので、念のため歯科医師等の専門家に確認してから行って下さい。

過度の使用の場合、歯のエナメル質に侵食することがあるので、この自家製のペーストの使用は多くて週に数回までにして下さい。

歯が黄色くなるのを防ぐ方法

歯を黄色くする食品を避ける

コーヒー、赤ワイン、カレー、チョコレートなどは歯の着色を促してしまいます。
私もこれ全て大好きなのでとても悲しいのですが。。

何も全て一切飲み食いしてはいけないと言う訳ではありませんが、
数は減らしましょうと言う話です。

出来れば、歯を黄色くさせないために、これらの食品や飲料を摂取した後すぐに歯磨きをしましょう

また、ご存じの通り煙草のヤニもそうです。
喫煙が歯の変色の原因となります。

ダイエットで砂糖を制限する

より白い歯が必要な場合は、砂糖摂取量を減らして下さい。

砂糖を摂取すると、糖分の影響でストレプトコッカス・ミュータンス菌が繁殖し、歯垢および歯肉炎を引き起こし、さらに歯が黄色く変色する原因になる可能性があります。

当然っちゃ当然ですが、甘い食べ物を食べるときは、食べた直後に歯磨きをしてください

ダイエット時にカルシウムを多く摂取する

歯の変色は、エナメル質が腐食して象牙質を下に露出させることによって引き起こされます。
したがって、あなたの歯のエナメル質を強化する事すなわち、あなたの歯を真っ白に保つ事になります。

ミルク、チーズ、ブロッコリーなどのカルシウムが豊富な食品を多く摂取する事で、エナメルの浸食から歯を保護するのに役立ちます。

ブラッシングとフロスで歯を白く保つ

いくつかの歯の変色は年齢とともに自然に起こりますが、それは主にプラークの形成の結果です。

当たり前ですが、歯磨きを毎日定期的に行う事はとても重要です。
特に歯を磨かずに寝たりするのは歯を白く保つと言う意味では最悪。

さらにフロスを使った定期的なフロッシングも、口の中の細菌を減らし、プラークの蓄積を防ぎ、歯を白く保つのに役立ちます

ホワイトニングってどうやるの?