ホワイトニングペンで歯が白くなる?おすすめ人気ランキング口コミ比較

歯のホワイトニングペン

「外出先でも歯を白くしたい」「ホワイトニング用品って楽に持ち運べないかな?」「強力な効果のあるホワイトニング用のペンが欲しい…」

と思う人には、ホワイトニングペンなる商品がお勧め。

その名の通りペン型の形状でホワイトニングジェルが入っており、
外出先で簡単にホワイトニングが出来ます。
出勤時のお昼休みや、外出先の食事後などにトイレでホワイトニングペンを取り出してささっと歯の美白を手軽にできます。

その手軽さが受けており、歯のホワイトニングの先進国アメリカでは既に一般的。

ホワイトニング用のペンで有名なものを人気ランキング形式で紹介します。

ホワイトニングペンおすすめ人気ランキング口コミ比較

1位:デンタプロ プロフェッショナル ティースホワイトニングペン

DentaPro Professional Teeth Whitening Pens

画像出典:amazon.com

商品名:DentaPro Professional Teeth Whitening Pens (.11 Ounce)

「ホワイトニングペン」の代名詞ともなっているのが、このデンタプロのホワイトニングペン。文句なしの知名度と漂白効果です。
歯磨き粉やホームホワイトニングで最も有名なブランドはP&Gの「クレスト」ですが、ホワイトニングペンではデンタプロの方が有名です。

ではデンタプロのホワイトニングペンは何が優れているのでしょうか?

歯の汚れを除去&漂白効果

コーヒー、ワイン、コーラ、紅茶、煙草の喫煙…食品による歯の表面の汚れは結構頑固です。

デンタプロのホワイトニングペンのホワイトニングペンの特長は何と言ってもこれ。
歯の汚れ、ステインを分解して除去するための「カルバミド過酸化物(過酸化尿素)」と言う漂白剤が35%もホワイトニングジェルに含まれており、これが歯の漂白に効くのです。

なお日本ではこの成分を含むホワイトニング歯磨き粉は販売禁止のため、個人輸入で購入する必要があります。日本では過酸化尿素など歯の漂白効果がある薬剤は歯科医師の診断と処方を通さないと入手できないんですね。

デメリットは「歯に沁みるレベルの強さ」

補足しておくと、過酸化尿素35%はかなり歯に沁みます。日本人の歯は欧米人に比べて薄いと言われており、人によっては沁みるかも。

大抵の人は歯ぐきに触れさえしなければ良いと思います。あとは歯の表面に細かいヒビがあるとそれも沁みる原因になるので注意しましょう。

コンパクトで持ち運び可能

ホワイトニングペンの最大のメリットですよね。持ち歩ける。
デンタプロのホワイトニングペンは自宅や外出先で歯を白くできるため非常に楽です。デンタプロのホワイトニングペンはほんの数回の利用で漂白効果が見られる、と言われています。

オフィスや外出先で1日に1〜2回このペンを使用すると、ほんの数回の利用で4トーン〜8トーンほど白くできます。
外出先でも漂白できるのはかなり楽ですよ。

薬剤の漏れを防止する仕組みつき

デンタプロのホワイトニングゲルは鞄の中などに入れておいても、ホワイトニングの液体が漏れにくい液体になっています。今までのホワイトニングペンでもそう言った問題が多かったと思います。

ペン部分は強力な「ねじり機構」を採用。ブラシチップを通してゲルを歯の方向に押して使用します。

2位:ゴースマイル プロフェッショナル オンザゴー アドバンスト ホワイトニングペン

Go Smile Professional On The Go Advanced Teeth Whitening Pen

画像出典:amazon.com

商品名:Go Smile Professional On The Go Advanced Teeth Whitening Pen

Go Smileも家庭用のホワイトニング領域では世界的に有名なメーカー。ホワイトニングペンも、デンタプロについでかなりの人気ぶりです。

ホワイトニング効果

ゴースマイルのホワイトニングペンは、ホワイトニングの薬剤gあ歯に深く浸透し歯を安全に、かつ徹底的に白くすると言う、強めの触れ込みで売られています。

また爽やかなミントの香りとともに歯の汚れをきれいに溶かします。白い健康的な笑顔を維持できるように、汚れの再付着を防ぐ効果もあり。

ゴースマイルのホワイトニング製品も法律上の制限があり、日本では取り扱いがされていませんので、個人でAmazonから購入する必要あり。

なお、1位のデンタプロは「歯に沁みるかも」と書きましたが、こちらも同様に沁みる可能性が高いです。その点は気を付けましょう。

簡単な操作

ゴースマイルのホワイトニングペンは食事や着色汚れが気になる飲料などを飲んだ直後、または1日に2回の使用でOK。

ホワイトニングペンの上のダイヤルを回して、柔らかいブラシの先端からホワイトニングジェルが出て歯の表面を均一に覆います。奥歯などフラッシングが届きにくい箇所にも美白の効果を得ることができます。

3位:ボディマジック ホワイトニングペン

ボディマジック ホワイトニングペン

日本で売られているボディマジックと言うブランドが満を持しての3位。
日本販売品は良くも悪くも漂白成分を法律で配合できないため、「汚れを落とす」だけのものになるのです。

その中にあって、ボディマジックのホワイトニングペンは汚れを浮かせて落とすと言う役割はしっかりと担ってくれ、さらに日本で最も人気のあるホワイトニングペンの1つです。なので3位。

なおこのボディマジックもアメリカ製なので米国FDA認可済みではあります。

ホワイトニング効果とメリットは?

ボディマジックのホワイトニングペンのホワイトニング効果は「汚れを浮かせて落とす」部分にあります。漂白効果はありません。配合成分の洗浄剤である「亜塩素酸Na」が汚れを落としてくれます。ホワイトニングペンとしては確実な効果が期待できます。

またペン型デンタルホワイトニング剤のため、使い方が非常に楽。
塗ってブラッシングするだけです。当然ながら携帯にも便利で、出勤中でも外出中でもかんたんに、ブラッシングで理想の美白に近づけます。

4位:ハイスマイル ティース ホワイトニングペン

HiSmile Teeth Whitening Pen

画像出典:int.hismileteeth.com

商品名:HiSmile Teeth Whitening Pen

ハイスマイルのホワイトニングペンも、世界的に相当に有名です。
こちらは主にセレブ愛用とかそう言った部分で有名なんですね。もちろんセレブやモデルの多くに選んで貰うためには効果が弱いものであるわけはないので、きちんとしたホワイトニング効果や便利さが評価されていると言う事です。

いつでもどこでも持ち運べて、楽にスピーディに使えるように設計されたポケットサイズのホワイトニングペン。
さらにハイスマイルのホワイトニングペンは他の「いかにも薬剤なデザイン」の他のホワイトニングペンと違い、おしゃれで、ついつい持ち運んで人に見せたくなるシンプルなデザイン。

ハイスマイルのホワイトニングペンの効果

  • わずか1分で歯を白くし、不要な汚れを取り除く
  • 1分の使用で効果を発揮する
  • 白さが長続きする
  • 定期購入が可能
  • 歯に沁みない
  • 重炭酸ナトリウム(重曹)配合で汚れを落とす
  • 亜塩素酸ナトリウム(洗浄剤・漂白成分)で歯を白くする

ハイスマイルのホワイトニングペンも日本では販売されていません。

なぜハイスマイルを4位にしたのかと言うと、漂白成分が歯のホワイトニング剤に多い過酸化水素や過酸化尿素ではなく、亜塩素酸ナトリウムだからです。
これは洗浄剤としての側面が強いため、漂白効果は非常に弱いのです。
その分、漂白成分を多分に含むホワイトニングペンよりは歯に沁みにくいものになっており、歯の薄い日本人でも使いやすくなっています。

5位:オーラグロウ ティース ホワイトニングペン

AuraGlow Teeth Whitening Pen

画像出典:Amazon.com

商品名:AuraGlow Teeth Whitening Pen

オーラグロウもホワイトニング製品では世界的に信頼されているブランド。

オーラグロウのコンパクトでポータブルなホワイトニングペンは、自宅でも外出先でも職場のお昼休みでも、簡単に歯を白くすることができます。

強力なホワイトニング成分

オーラグロウの特長は何と言っても、過酸化尿素の濃度35%を含むホワイトニングゲルでしょう。コーヒー、ワイン、コーラ、紅茶、喫煙などから歯の表面の汚れを分解して除去し、歯を漂白します。日本では販売が禁止された漂白成分ですが、個人輸入と言う事で自分でAmazonから購入する分には問題無し。
35%と言うのはかなり高い濃度ですので、その分高い漂白効果を感じられるかと思います。

またこのホワイトニングペンには嬉しい事に、15種類以上の美白トリートメントが含まれています。

ホワイトニングジェルは、漏れを防ぐタイプのもので、ペン装置は使用するたびにゲルをブラシ先端を通して押し出すために強いねじり機構を採用。

ジェルは毎回爽やかな笑顔のためにクールなミント風味になります。

オフィスでも外出先でも、1日に1-2回このホワイトニングペンでホワイトニングを出来ます。持ち運びが楽なだけでなく非常に簡単にホワイトニング出来るため、おすすめ。

なお、過酸化尿素35%は恐らく日本人にとっては歯に沁みるかも知れません。
濃度を守って使用すれば問題ありませんが、その点はお気を付けを。

6位:ブライターホワイト ティース ホワイトニングペン

BrighterWhite Teeth Whitening Pen

画像出典:brighterwhite.com

商品名:BrighterWhite Teeth Whitening Pen

  • 安全かつ効果的に歯を明るくし、汚れを取り除きます。
  • ホワイトニングペンを使う事で、歯が白くなり、自信を持って笑顔で、より鮮やかに、若く見えます
  • ミント風味
  • ポータブルできて便利
  • 漏れを防ぐ安全設計
  • 約10回分の薬剤が含まれています

ホワイトニングペンとは??

ホワイトニングペンとは、ペンの先から歯のホワイトニング用のジェルが出るようになっているペン型のホワイトニング用の器具のこと。ジェルはそのまま歯に塗布します。

自宅だけでなく、外出先、勤務先のお昼休みなど、場所も時間も選ばず簡単にホワイトニングできる様になる事を目的としたホワイトニング製品。日本国内より海外で販売されているホワイトニングペンの方が種類が豊富。

日本は法律上、歯科医師がいない場で使うホワイトニング製品には漂白成分をほぼ入れられない(ステインを落とす成分、例えば洗浄剤などならOK)と言う事になっており、効果の面では漂白成分をしっかり配合できる海外製品に軍配が上がります

ですからホワイトニングペンは海外製品をできればご自身で購入する事が望ましい。
(その場合、自動的に「個人輸入」とみなされるので問題ありません。むしろ結構色んな人がやってます)

日本製のホワイトニングペンのいい所とは?

やはり「歯に優しい」ところですかね。歯に沁みない。海外製は漂白成分の濃度が高いものだと、歯は白くなるでしょうが、歯に沁みる場合があります。うっかり歯ぐきに薬剤がついてしまおうものなら(結構ありがち)、かなり痛いです。

私も個人輸入で色んな薬剤を試してきたので、何度も歯ぐきにも付きましたし、私の歯は若い頃の不摂生によって細かい見えないヒビがあるらしく(笑)、過酸化水素などの漂白用の薬剤が歯に少し沁みます。別に激痛みたいな痛みはありませんが。ちょっとだけ。

その点、日本製のホワイトニングペンは漂白成分は未配合ですが、歯にその分沁みないのでそこが良きです。

ホワイトニングってどうやるの?